【注意】変圧器を使うとワット数も変わる|セブでタコ焼きをしようとした時の話

先日、日本からセブに行く前の話です。

「セブでタコ焼きパーティーをやろう」ということになり家電量販店に行きタコ焼き器を探しに行きました。

タコ焼き器は置いてあったのですが、ふと気になったのが電圧。日本の電圧とフィリピン・セブの電圧は違います。

日本とフィリピンの電圧事情


日本 … 100 V(ボルト)
フィリピン … 220 V(ボルト)

過去、日本製のドライヤーを変圧器なしで利用しようとして、火を吹いたことがあるので、今回は変圧器を探すことにしました。

がしかし、結果から先に書いてしまうと日本のタコ焼き器は使えませんでした。正しくは「タコ焼き器を使うことができる変圧器を買えなかった」です。

これまでに変圧器は一度購入したことがありましたが、その時は気にしていなかった「ワット数」

これがクセモノでした。

変圧器を使うとワット数も変わる|ワット(W)数とは

電球の画像

家電製品には、「電圧(V)」「電流量(A)」「電力量(W:ワット数)」が決まっています。

例をあげると、私が使っている Anker の電源アダプターは

Anker の写真

対応している電圧: 100 -240 V
出力電圧・電流: 5 V – 8 A
出力電力量: 40 W

電力量 W(ワット)は 電圧(V)✕電流(A)で決まります。
なので、この電源アダプターに消費電力 40 W 以上の家電をつないでも本領発揮できないんです。

ちなみに、iPhone 充電の消費電力は 5 W なので問題なく充電できます。
その時買おうとしていたタコ焼き器の消費電力は 650 W でした。Anker の電源アダプターでは電力量が足りないので本領発揮できないですね。

それ以前にタコ焼き器の対応電圧が 100 V だったので、220 V の電圧がかかるフィリピンのコンセントにそのまま繋ぐとドライヤーと同じく暴走状態になりそうです。(怖くて試せてないです)

変圧器を使うとワット数も変わる|タコ焼き器が使える変圧器はなかなか店舗にない

モノを探す人

その時購入しようとしていたタコ焼き器は対応する電圧が 100 V だったため、電圧 220 V のフィリピンで使うには変圧器が必要でした。

さっそく家電量販店に行って変圧器を探していた時に気になったのが以下の記述。

変圧器の写真

220 – 240 V → 35 VA(W)
220 – 240 V → 100 VA(W)

いままで電圧のことだけ気にしてましたが、ふと気になってタコ焼き器に目をやると、

タコ焼き器は消費電力が 650 W

消費電力 650 W

おや、これはもしかしてこの変圧器だとタコ焼き器は使えない、もしくは生ぬるくしかならないのでは。

店員さんに聞いてみたところやはりそうでした。
変圧器を介するとワット数が落ちる、というのは今まで知りませんでした。

そうすると、タコ焼き器の消費電力を出力できる変圧器が必要になるわけですが、タコ焼き器のようなホットプレートみたいなものが扱える変圧器は大型なものになり店頭にはなかなか置いていないんだとか。

ということで、日本でタコ焼き器を買っていくのは諦めることに。

タコ焼きパーティーは企画倒れか、と思ったんですが、現地でタコ焼き用の鉄板が売っていたので、カセットコンロと合わせて購入。無事タコ焼きパーティーは開催することができました。

まぁ結果オーライですね。

変圧器を使うとワット数も変わる|ドライヤーなど熱放出系も要注意

ドライヤーを利用する女性の写真

先に書いたように日本とフィリピンの電圧は倍くらい違います。

電圧は「電気を押し出す力」のようなものなので、100 V 対応の電化製品に 220 V の電圧をかけると力強すぎて故障してしまうんですね。

ドライヤーだと最悪、火を吹きます。

最近の日本の電化製品(スマホやデジカメ)は対応する電圧の幅が 100 ~ 240 V となっていたりするので、案外変圧器を利用しなくても使えたりします。

ただし問題は、そうワット数です。

今回のタコ焼き器やドライヤーといった熱を放出する系の家電はワット数が高いです。以下のような電化製品ですね。

ホットプレート650 ~ 1200 W
ドライヤー700 ~ 1200 W
ヘアアイロン20 ~ 700 W
電気ケトル1000 ~ 1300 W

上記の製品でも 220 V の電圧に対応しているのであれば、変圧器がなくても利用できます。 ヘアアイロンやドライヤーなんかは海外でも使える 220 V 対応のものが多い印象です。

逆に以下のような電化製品はワット数は低めです。なので、220 V の電圧にも対応していれば変圧器はなくても利用できます。

電気シェーバー10 W
スマートフォン5 ~ 10 W
ノートパソコン20 ~ 30 W

セブのコンセントプラグ事情

コンセントの写真

ついでにセブでのコンセントプラグ事情も記載しておきます。

正直、セブ市内であれば変換プラグは必要ありません。
日本と同じ形のプラグで問題なく使えます。

少し田舎に行くとそうじゃないかもしれませんが、セブでも変換プラグは買えるので必要になった時に現地で購入、というスタンスで良いと思います。

熱を発する系の家電以外はそのままでも使える

最近は海外の電圧にも対応している家電が多いので、古いものでなければ基本的には変圧器はなくてもセブで利用できます。ただし、熱を出す家電はしっかりと電圧など確認して持っていきましょう。

参考までに 1000 W までくらいであれば以下のような小さいサイズもあるみたいです。 (私のタコ焼きパーティーには間に合いませんでしたが)

ちなみに、タコ焼きは電気プレートよりもガスのほうが美味しくできるらしいです。 ただし、普通のカセットコンロだと炎の形状と鉄板の形状が違いすぎるので、端のほうのタコ焼きはなかなか焼き上がらない、ということになります。なのでガスのタコ焼きをやるのであればコンロと一体型のタコ焼き器をオススメします。